神戸市西区で皮膚科をお探しなら【 いでい皮ふ科】: 神戸電鉄 粟生線「栄」駅下車 徒歩約2分

いでい皮ふ科
〒651-2211 神戸市西区押部谷町栄450-2
MAP
078-995-1717
インターネット診療予約
初診の方もご利用いただけます。
http://ssc2.doctorqube.com/idei-skinclinic/
予約専用電話番号 050-5578-5541
ホームごあいさつ・医師紹介診療のご案内よくあるご質問交通アクセス

アトピー性皮膚炎について

アトピー性皮膚炎とは

アトピー性皮膚炎は従来その原因として、家のホコリやダニ、食物などのアレルゲン(アレルギーを起こす元になるもの)に対してアレルギーを起こしやすい「アトピー体質」が強調されてきました。

しかし最近そのアレルギーという面に加え、皮膚の乾燥(アトピックスキン)というもう一つの大きな要因のあることがわかってきました。アトピックスキンの人の中には皮膚のバリア機能(体内の水分が皮膚を通して出ていくのを防いで身体がひからびないようにするとともに、外からの異物が体内に侵入するのを防ぐ働き)を維持するフィラグリンというタンパク質に、遺伝子異常のため機能障害が起きている場合のあることが研究で示されています。

その結果皮膚のバリア機能が低下、アレルゲンや微生物などが侵入しやすくなり、慢性的に免疫反応が起きることで容易に皮膚炎が生じ、また悪化するという説が有力になってきています。

つまりアトピー体質とアトピックスキンを持つ人に、食物やダニ、花粉などのアレルギー的要因と発汗やストレス、掻く等の非アレルギー的要因が複雑に作用することにより、繰り返し湿疹が起こるアトピー性皮膚炎という状態ができあがっていくのです。

アトピー性皮膚炎の治療

アトピー性皮膚炎は体質的な要素が背景にあり、そこに環境などの様々な要因が作用して生じている疾患です。体質は基本的に変わることはありません。従って治療のゴールは「完治」ではなく、「ありふれた治療でふつうの生活ができる」ということにおきましょう。アトピー性皮膚炎の患者さんでは、乾燥しバリア機能の落ちた皮膚で湿疹などの炎症が起こっています。落ちたバリア機能を改善させるためにはスキンケアが、起きている炎症に対しては抗炎症剤を中心とした治療が必要になります。

スキンケアは…

皮膚にとって無用な刺激が加わらないようなライフスタイルの確立

皮膚についた汚れなどが炎症やかゆみなどを引き起こす前に取り除いてしまう、
清潔を中心としたスキンケア

ドライスキンを改善させるための保湿を中心としたスキンケア

 

に大別されます。

【1】、【2】に関してはどのように日常生活を送ればよいか入浴などの仕方も含め説明させていただき、【3】は保湿効果のある外用剤を用いて、治療を行っていきます。
乳幼児の段階でしっかりとスキンケアを行い、バリア機能を維持すれば、食物やダニなどのアレルゲンの侵入をある程度防ぐことができ、それらに対してアレルギー体質になるのをある程度防げることがわかってきています。

一方抗炎症剤の治療は、その効果が十分に証明されているステロイド軟膏を中心に行っていきます。ステロイド軟膏は発売後40年以上が経過し、その効果と副作用が詳しく研究されてきました。そこで使用に当たってはそれらをできる限り考慮し、使い方を十分に説明した上で処方していきます。
またステロイドに匹敵する抗炎症作用を持つプロトピック軟膏も顔面を中心に使用を検討します。プロトピック軟膏は長期的な副作用が少なく、顔面の赤みを改善させるなどの優れた働きがありますが、薬剤の性質上使用時にほてりや灼熱感、かゆみなどの副作用の起きる人が多く見られ、使用上のネックとなっています。できるだけ副作用が起きないような使用法も説明しながら適宜使っていきます。

診療予約について
いでい皮ふ科 BLOG
アトピー性皮膚炎について
イボ・水イボ・とびひについて
帯状疱疹・口唇ヘルペス・性器ヘルペスについて
ニキビについて巻き爪・陥入爪・爪水虫・水虫について
美容皮膚科 aestetic dermatology
シミ レーザー治療
美白 光治療
医療脱毛
美容皮膚科 Q & A
くわしい時間表はこちら
くわしい地図はこちら